2018年12月14日 (金)

1985年12月第2週に鑑賞した映画

12月09日(月) 会議は踊る (NHK教育)
12月10日(火) リハーサルの後で (NHK教育) 
12月10日(火) 死刑は俺の手で (テレビ東京)
12月11日(水) バックトゥザフューチャー (新宿プラザ)
12月11日(水) AK (草月ホール)
12月07/14日(土) サラリーマン忠臣蔵 (TBS)
12月12日(木)黒い神と白い悪魔 (渋谷ユーロスペース)
12月15日(日) 泥棒野郎 (テレビ朝日)

「会議は踊る」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」といった有名どころはパス。

クリス・マルケルが「乱」撮影中の黒澤明を記録した「AK」を草月ホールに見に行ったのも、ベルイマンの「リハーサルの後で」がNHK教育で放映されのも記憶なし。後者は何日か前に録画したもので、12月10日に放映されたのではなさそう。

「死刑は俺の手で」は、1980年の作品で、チャールズ・マーティン監督、ジャック・パランス、クリストファー・ミッチャム出演と記録しています。1980年ではなく1978年にアメリカで公開された作品で、原題は The One Man Jury。刑事が、法律じゃどうにもならないので、自ら悪人退治に乗り出す話らしい。

12月14日にテレビで忠臣蔵を放映するなんて過去のこと?「サラリーマン忠臣蔵」は題名どおり忠臣蔵を現代の会社に置き換えた東宝オールキャストもので、最初のが1960年の年末に公開、続編は翌年2月に公開。その両者を二週続けて放映したということか。東宝サラリーマン映画百本記念作品らしい。大石内蔵助が森繁久彌、吉良上野介が東野英治郎。

「黒い神と白い悪魔」は、「アントニオ・ダス・モルテス」で有名なブラジルのグラウベル・ローシャ監督の1964年の作品。このとき日本初公開だったらしい。記憶なし。

1969年の「泥棒野郎」はウディ・アレンの初監督作品で、脚本と主演も担当。余り記憶にないんだけど、たぶんドジな泥棒の半生をドキュメンタリー風に描く。

2018年12月11日 (火)

1985年12月第1週に鑑賞した映画

12月01日(日) ブルース・ベイリー/ブルース・コナー (四谷イメージフォーラム)
12月04日(水) 雪の喪章 (テレビ東京)
12月06日(金) そして船は行く (渋谷シネセゾン)
12月07日(土) 西部の王者 (テレビ東京)

ブルース・ベイリーとブルース・コナーに関しては、こちらになにか書いてありますが、これは21世紀になってからの上映のようです。この1985年に見たときの上映作品は、次のとおり。

 ベイリー作品
  「弥撒〈ミサ〉-ダコタ・スー族のために」(1963-64)
  「オールマイライフ」(1966)
  「カストロ通り」(1966)
  「タング」(1966)

 コナー作品
  「A MOVIE」(1958)
  「モンゴロイド」(1978)
  「5時10分発ドリームランド行」(1976)
  「悲しいワルツ」(1977)
  「アメリカは待っている」(1981)

「雪の喪章」は大映作品で、三隅研次監督、若尾文子、天知茂、福田豊士、中村玉緒ら出演。1967年1月14日公開。キネ旬3月上旬号の山本恭子さんの評によると、昭和初期から第二次大戦後までの女の半生記。大雪の日に不幸が起きる。若尾は福田の家に嫁ぐが、福田は下女の中村とできて、それを若尾は容認。外で愛人を持つよりは家の中で妾を持つほうがいいという考え方らしい。若尾は福田の使用人の天知茂に愛を告白される。興行価値は「古い日本を、文字通り古めかしく描いたメロドラマ。急ごしらえが目立つ作品だ。興行価値60%。」だそうです。この年の若尾出演作は次のとおり。

  1. 雪の喪章
  2. 夜の罠 (冨本壮吉)
  3. 妻二人 (増岡保造)
  4. 砂糖菓子が壊れるとき (今井正)
  5. 華岡青洲の妻 (増村保造)

フェリーニの「そして船は行く」は今回パス。

「西部の王者」は7日に見ていますが、録画したのは何日か前のようです。1944年のウィリアム・ウェルマン監督、ジョセフ・マクリー、モーリン・オハラ、アンソニー・クイン、リンダ・ダーネルのバッファロー・ビルものだと記録しています。ズバリ Baffalo Bill というのが原題。20世紀フォックス作品。

181211

2018年12月 1日 (土)

1985年12月に鑑賞した映画 (概観)

テレビから録画した場合、その作品を実際に見た日を書いており、放映日ではありません。

【第1週】

12月01日(日) ブルース・ベイリー/ブルース・コナー (四谷イメージフォーラム)
12月04日(水) 雪の喪章 (テレビ東京)
12月06日(金) そして船は行く (渋谷シネセゾン)
12月07日(土) 西部の王者 (テレビ東京)

【第2週】

12月09日(月) 会議は踊る (NHK教育)
12月10日(火) リハーサルの後で (NHK教育) 
12月10日(火) 死刑は俺の手で (テレビ東京)
12月11日(水) バックトゥザフーチャー (新宿プラザ)
12月11日(水) AK (草月ホール)
12月07/14日(土) サラリーマン忠臣蔵 (TBS)
12月15日(日) 泥棒野郎 (テレビ朝日)

【第3週】

12月16日(月) 次郎長売り出す (大井武蔵野)
12月16日(月) 浪人街 (大井武蔵野)
12月16日(月) りゃんこの弥太郎 (大井武蔵野)
12月16日(月) センチメンタル・アドベンチャー (大井ロマン)
12月17日(火) ライトシップ (新宿東映ホール1)
12月17日(火) 哀愁のエレーニ(新宿東映ホール1)
12月18日(水) 流転の女 (テレビ東京)
12月18日(水) 捜索者 (テレビ東京)
12月20日(金) 女体渦巻島 (テレビ東京)   
12月21日(土) 拝啓天皇陛下様 (TBS)
12月21日(土) 雁の寺 (テレビ東京)
12月21日(土) 王将 (テレビ東京)
12月21日(土) 百万長者と結婚する方法 (テレビ東京)
12月22日(日) 夜の河 (NHK)

【第4週】

12月23日(月) アンナ・マグダレーナ・バッハの日記 (渋谷ユーロスペース)
12月23日(月) ロープ (レンタルビデオ)
12月28日(土) 雪の渡り鳥 (テレビ東京)
12月28日(土) 女狐 (テレビ東京)

2018年11月12日 (月)

1985年11月下旬に鑑賞した映画 (その2)

11月27日(水) 裏窓 (ビデオ)
11月28日(木) 裸の太陽 (NHK)
11月28日(木) 妻 (テレビ東京)
11月29日(金) 稲妻 (大井武蔵野)
11月29日(金) 夜の流れ (大井武蔵野)

ヒッチコック作品って、けっこうレンタルビデオ店にそろっていたような気がするけど、1954年の「裏窓」もレンタルしたのかなあ。まあ、別の機会に。

「裸の太陽」は1958年の東映作品で、新藤兼人脚本、家城巳代治監督、江原真二郎、丘さとみ、中原ひとみ、仲代達矢出演。キネ旬5位。鉄道機関士助手の物語。江原の相手役は、1960年に結婚する中原ひとみじゃなくて、丘さとみだったんだなあ。この前年の「純愛物語」では江原と中原がコンビを組んでいるのに。このご夫婦、子供と一緒に歯磨きのCMにずっと出演していたなあ。両者とも80すぎでご健在らしい。実際に放映されたのは23日で、ビデオ録画したものを28日に鑑賞。(下記「妻」も23日に録画、28日鑑賞)

「妻」「稲妻」と成瀬巳喜男作品をテレビと名画座で連続して見ているのだなあ。どちらも林芙美子原作。これらも別の機会に。別の機会って、どの機会かよくわからないけど。

「夜の流れ」って、題名だけだと何も思い出せない。調べたら、1960年の東宝映画で、成瀬巳喜男と川島雄三が監督し、司葉子と宝田明が出演。へぇ~、そんな映画があったのか。自分の記録によると、芸者もので、ほかに草笛光子、市原悦子、水谷良重、北村和夫、星由里子、山田五十鈴、志村喬、三益愛子、三橋達也が出演。「かまやつひろし歌で」と記録しているのだけど、どういう意味なんだろう?インターネットで調べても不明。

2018年11月11日 (日)

1985年11月下旬に鑑賞した映画 (その1)

11月23日(土) 征服 (テレビ神奈川)
11月23日(土) 西部魂 (テレビ東京)
11月24日(日) 生きる歓び (フィルムセンター/国立近代美術館)
11月25日(月) あこがれ (有楽座)
11月25日(月) 突然炎のごとく (有楽座)
11月25日(月) 夢がいっぱい暴れん坊 (テレビ東京)

ドロン主演の「生きる歓び」については自分のサイトに書いているので、こちらでお楽しみください。

トリュフォーのリバイバル上映についても今回は割愛し、記憶にない三本について取り上げてみます。

「征服」と「西部魂」は事前に録画したものを23日に見たらしく、放映日は異なるようです。

記録によると、「征服」は1937年のガルボ作品で、クラレンス・ブラウン監督、シャルル・ボワイエ共演で、Conquest という原題。このころ、ガルボ作品なんて見たことないと思っていたら、見てたのです。さっぱり、記憶がないけど。ポーランドの独立を促すためにガルボがナポレオンの愛人になるらしい。ボワイエがナポレオンを演じる。白黒MGM作品。

記録によると、「西部魂」はフリッツ・ラング監督で、ランドルフ・スコット、ディーン・ジャガー、ロバート・ヤング出演で、原題は Western Union。調べてみたら、1941年の作品で、アメリカの東部と西部を結ぶ鉄道建設のためにディーン・ジャガーが西部の無法者スコットと東部の測量士ヤングを雇う話らしい。20世紀フォックスのテクニカラー作品。

「夢がいっぱい暴れん坊」は、小林旭主演の日活映画だと察しがつきますが、記録によると、松尾昭典監督で、郷鍈治共演で、銀座の次郎長シリーズの一つ。調べてみたら、1962年のカラー作品で、浅丘ルリ子共演。このシリーズは5本あり、3作目までの相手役は浅丘ルリ子で、以後は笹森礼子と松原智恵子。このサイトが詳しい。

1. 東京の暴れん坊 (1960、斎藤武市監督)
2. でかんしょ風来坊 (1961、斎藤武市)
3. 夢がいっぱい暴れん坊 (1962、松尾昭典)
4. 銀座の次郎長 (1963、井田探)
5. 銀座の次郎長・天下の一大事 (1963、井田探)

2018年11月 9日 (金)

1985年11月中旬に鑑賞した映画

11月12日(火) ジョナスは2000年に25才になる (池袋文芸坐)
11月19日(火) ことの次第 (三鷹オスカー)
11月19日(火) エゴン・シーレ (三鷹オスカー) 
11月19日(火) シナのルーレット (三鷹オスカー)
11月20日(水) 田舎の日曜日 (有楽スバル座)
11月20日(水) 拳闘屋キートン (お茶の水アテネフランセ)

「ジョナスは2000年に25才になる」はスイスのアラン・タネール監督の1976年の作品。この年の正月に渋谷のユーロスペースで公開され、たぶんタネール作品が本格的に日本で紹介されたのは、この作品が初めてだった気がします。3月にアテネフランセで彼の特集があり、ほかの作品が何本か紹介されました。初期の「どうなってもシャルル」や「サラマンドル」が私のお気に入り。

レンタルビデオ店のおかげで名画座もだんだん衰退していきますが、三鷹オスカーはまだ元気。芸術よりの作品に活路を見いだそうとしていたのか。ベンダース作品とファスビンダー作品と「エゴン・シーレ」は誰だ?

「ことの次第」は1982年の白黒作品で、「パリ、テキサス」のひとつ前のビム・ベンダース作品。フィルムがなくなって、無為な時間を過ごす撮影スタッフたち。1983年に渋谷の東急名画座で開催されたドイツ映画祭で見たことあり。けっこう好きな作品。

「エゴン・シーレ」は20世紀初頭に活躍し、若くして亡くなったオーストリアの画家を描いた作品。監督は知らないけど、マチュー・カリエール、ジェーン・バーキン、クリスティーネ・カウフマンという懐かしい人たちが出演しています。まったく記憶なし。この画家については「エゴン・シーレ 死と乙女」という最近の作品もあるらしい。

これも記憶がないファスビンダーの「シナのルーレット」。Movie Walker によると、1976年の作品で、「週末を過ごすために訪れた別荘に、家族のものがばらばらにそれぞれのパートナーを伴って現れたことから始まる心理ゲーム〈シナのルーレット〉を描く」。アンナ・カリーナやマーシャ・メリルが出ているらしい。

「田舎の日曜日」はベルトラン・タベルニエ監督の1984年のフランス映画。けっこう評判で、キネ旬8位。よくできた映画だったのでしょうが、私の胸にグッとくるものはなかったような。

「拳闘屋キートン」は1926年の Buttling Butler で、70年代にキートン長編10本がリバイバル予定だったのですが、不入りだったのか、7本ぐらいで終わってしまい、そのときは公開されたなった作品。「キートンのラスト・ラウンド」という邦題で公開されるはずでした。今はDVDで容易に見ることができるはず。2011年8月31日にここで書いています

2018年11月 8日 (木)

1985年11月上旬に鑑賞した映画 (その2)

11月05日(火) 八十日間世界一周 (新宿ミラノ座)
11月06日(水) 三人の女 (高田東映パラス)
11月06日(水) 火山のもとで (高田東映パラス)
11月09日(土) ユーズド・カー (TBS)

ジュール・ベルヌ原作で、マイケル・トッドが製作し、ユナイテッド・アーティスツが配給した「八十日間世界一周」は1956年度アカデミー作品賞を受賞。デビッド・ニーブンがカンティンフラスをお供に気球などで世界一周の旅をするうちに東洋のお姫様シャーリー・マクレーンと結ばれるというような話だったと思います。数多くのスターがゲスト出演。ビクター・ヤングのテーマ曲は「兼高かおる世界の旅」のテーマ曲に使われて、日本でもおなじみ。全米では1956年に「十戒」に次ぐ2位の興行成績。ワイドスクリーンで3時間近くあるはずなのに、このリバイバルのときは、もっと短かった気がするし、ワイドスクリーンだったかどうかも不確か。DVDで安いのがあるから、そのうち再挑戦。

ロバート・アルトマン監督の「三人の女」は1977年の作品で、シェリー・デュバル、シシー・スペイセク、ジャニス・ルール主演。良かったという記憶はあるんだけど、内容はおぼえていない。これも機会があれば再挑戦。

「火山のもとで」はジョン・ヒューストン監督の1984年の作品で、アルバート・フィニーとジャクリーン・ビセットが共演。

「ユーズド・カー」は土曜の朝10時ぐらいから放映されたような。「抱きしめたい」や「ロマンシング・ストーン」がゴキゲンだったロバート・ゼメキスが両作品の間に作った1980年のコメディ。中古車販売会社が舞台で、カート・ラッセル主演。

2018年11月 7日 (水)

1985年11月上旬に鑑賞した映画 (その1)

11月01日(金) 六ヶ所人間記 (池袋スタジオ200)
11月04日(月) 若い突風 (テレビ東京)
11月05日(火) 鏡の中の女 (池袋文芸坐)
11月05日(火) 80日間世界一周 (新宿ミラノ座)
11月06日(水) 三人の女 (高田東映パラス)
11月06日(水) 火山のもとで (高田東映パラス)
11月09日(土) ユーズドカー (TBS)

スタジオ200は西武百貨店の上のほうにあった200席ほどの多目的ホール。1979年から1991年までオープン。「六ヶ所人間記」は、原子力施設の建設が予定されている下北半島の六ヶ所村の人々を描くドキュメンタリー。

「若い突風」は、1960年の和田浩治と清水まゆみの日活映画で、監督は西河克己。この二人の共演作って何本あるのだろう?ざっと調べたところ、次の17本。

1. 無言の乱斗(1959年12月、西河克己監督)
2. 六三制愚連隊 (1960年3月、西河)
3. 素っ飛び小僧 (5月、西河)
4. 俺は銀座の騎兵隊 (6月、野口博志)
5. 若い突風 (7月、西河)
6. 疾風小僧 (8月、西河)
7. 英雄候補生 (10月、牛原陽一)
8. 竜巻小僧 (11月、西河)
9. くたばれ愚連隊 (11月、鈴木清順)
10. 俺の故郷は大西部 (12月、西河)
11. 東京騎士隊 (1961年2月、鈴木)
12. 大暴れマドロス野郎 (3月、山崎徳次郎)
13. 無鉄砲大将 (4月、鈴木)
14. 有難や節・ああ有難や有難や (5月、西河)
15. 峠を渡る若い風 (8月、鈴木)
16. 海峡、血に染めて (10月、鈴木)
17. 俺に賭けた奴ら (1962年12月、鈴木)

「鏡の中の女」はベルイマンの1976年の作品。もともと本国スウェーデンでテレビ用に作られたらしい。今月20日に米国クライテリオンから39作品のセットが出るので、そのときにあらためて鑑賞しようと思ったら、そのセットには含まれていないようです。

2018年11月 1日 (木)

1985年11月に鑑賞した映画 (概観)

上旬

11月01日(金) 六ヶ所人間記 (池袋スタジオ200)
11月04日(月) 若い突風 (テレビ東京)
11月05日(火) 鏡の中の女 (池袋文芸坐)
11月05日(火) 80日間世界一周 (新宿ミラノ座)
11月06日(水) 三人の女 (高田東映パラス)
11月06日(水) 火山のもとで (高田東映パラス)
11月09日(土) ユーズドカー (TBS)

中旬

11月12日(火) ジョナスは2000年に25才になる (池袋文芸坐)
11月19日(火) ことの次第 (三鷹オスカー)
11月19日(火) エゴン・シーレ (三鷹オスカー) 
11月19日(火) シナのルーレット (三鷹オスカー)
11月20日(水) 田舎の日曜日 (有楽スバル座)
11月20日(水) 拳闘屋キートン (お茶の水アテネフランセ)

下旬

11月23日(土) 征服 (テレビ神奈川)
11月23日(土) 西部魂 (テレビ東京)
11月24日(日) 生きる歓び (フィルムセンター/国立近代美術館)
11月25日(月) あこがれ (有楽座)
11月25日(月) 突然炎のごとく (有楽座)
11月25日(月) 夢がいっぱい暴れん坊 (テレビ東京)
11月27日(水) 裏窓 (ビデオ)
11月28日(木) 裸の太陽 (NHK)
11月28日(木) 妻 (テレビ東京)
11月29日(金) 稲妻 (大井武蔵野)
11月29日(金) 夜の流れ (大井武蔵野)

24日に見た「生きる歓び」はドロンの初期作品で、中学のころにテレビで見て、映画に夢中になるきっかけを作ってくれました。京橋のフィルムセンターは前年に火災が発生し、皇居周辺の国立近代美術館に引っ越したのだけど、日曜日も上映していたのかな?

2018年10月31日 (水)

1985年10月下旬に鑑賞した映画

第3週

10月14日(月) しとやかな獣 (テレビ東京)

第4週

10月21日(月) 激闘の地平線 (テレビ東京) 
10月22日(火) 路 (有楽スバル座)
10月22日(火) ミツバチのささやき (有楽スバル座)
10月24日(木) カントリー (池袋文芸坐)
10月31日(木) 早春物語 (新宿オスカー)
10月31日(木) 二代目はクリスチャン (新宿オスカー)

「しとやかな獣」は1962年の川島雄三監督、若尾文子主演のカラー大映作品。こういう作品を月曜にテレビ東京が放映する枠ってあったのだろうか。古い名作を土曜の夜10時あたりから放映する番組があった気がするので、それを録画したものを月曜に見たのかもしれない。夜中キーパンチャーの仕事をしていて、日曜の夜だけ休みなので、ゆっくり寝たあとの月曜の朝に録画したものを見るということはありうる。新藤兼人脚本で、悪い人ばかり出てくる映画らしい。1962年の暮れに公開され、1963年のキネ旬6位。正月に見る映画なのか?

「路」は、「アマデウス」に次いで、この年のキネ旬2位になったトルコ映画。ユルマズ・ギュネイ監督が獄中から指揮して作られた作品らしい。

「ミツバチのささやき」はキネ旬4位のスペイン映画。この前に六本木シネ・ヴィヴァンで知り合いと一緒に見に行ったけれど、知り合いが「つまらない」と言うので、途中で退場した作品。一人でゆったり見たら、けっこう良かった。フランケンシュタインの怪物に魅せられた幼い少女の話で、アナ・トレントが可愛い。ビクトル・エリセ監督の1973年の作品が10年以上たって日本で紹介。

「カントリー」は、「ライト・スタッフ」でカッコよかったサム・シェパードに期待して見に行ったのだけど、期待ほどではなかった。1984年のアメリカ映画。ジェシカ・ラングが貧しい農場で奮闘する話。1982年から2009年まで一緒に暮らしていたラングとシェパードには共演作が5本あるらしい。ほかは「女優フランシス」「ファーノース」「ロンリー・ハート」「アメリカ、家族のいる風景」。

「早春物語」と「二代目はクリスチャン」は、おなじみ、角川映画のアイドル女優二本立て。この年の邦画興行成績6位で、澤井信一郎監督、原田知世主演の前者はキネ旬9位。赤川次郎原作で、相手役は林隆三。つかこうへい原作・脚本で、井筒和幸が監督した志穂美悦子主演の後者のほうが面白かった。シスターがヤクザの抗争に巻き込まれる話。

より以前の記事一覧