2018年12月 7日 (金)

なんとなく似てる曲

クイックシルバー・メッセンジャー・サービスは60年代後期にサイケデリックとかヒッピーとかのムーブメントの中で登場してきたサンフランシスコのグループ。すでに全盛期は過ぎていたんだろうけど、私が18歳で1975年に上京したときにラジオで聴いた Solid Silver というアルバムの Witches' Moon というインストが懐かしい。

で、そのアルバムの一曲目の Gypsy Lights という曲を聴いたら、ハロプロのなにかに似ている。最初はダイヤレディーの「レディマーメイド」かと思ったんだけど、記憶をふり絞って、たどりついたのがボーノの「れでぃぱんさあ」。

記憶ってすごいなあと思ったのは、最初思い出した曲と正解の曲で、鈴木愛理と「レディ」という言葉と非常勤ユニットだということが共通していること。まだボケちゃいねえぜ!

2018年11月18日 (日)

今だけは白い

これが真っ黒になるまで長生きしたい!今月発売されたホワイトアルバムの50周年記念版。

181112b4

2018年6月26日 (火)

1969年の英国CDを作る (仮)

1968年と1969年のビルボード全米チャートをもとにお気に入りCDを作る企画に引き続き、1969年の英国チャートをもとにお気に入りCDを作る企画。ビルボードの場合は、英米の曲が混在していたし、トップテン以内という条件を付けましたが、今回は英国の曲のみで、トップ30以内に入っていればOK牧場。

ただ、ムーブ、エーメン・コーナー、ロビン・ギブ、ハンブル・パイ、ラダ・クリシュナ・テンプル、デビッド・ボウイが手元にないので、これらを揃えてから作成するには、もう数か月が必要。その間、曲が差し替えになる可能性あり。

  1. The Urban Spaceman (ボンゾ・ドッグ・バンド)
  2. 剣の舞 (ラブ・スカルプチャー)
  3. Something's Happening (ハーマンズ・ハーミッツ)
  4. Blackberry Way (ムーブ)
  5. フォックス・オン・ザ・ラン (マンフレッド・マン)
  6. Half As Nice (エーメン・コーナー)
  7. ごめんねスザンヌ (ホリーズ)
  8. ピンボールの魔術師 (フー)
  9. グッバイ (メリー・ホプキン)
  10. ゲットバック (ビートルズ)
  11. バッジ (クリーム)
  12. 革命ロック (サンダークラップ・ニューマン)
  13. リビング・イン・ザ・パースト (ジェスロ・タル)
  14. 救いの鐘 (ロビン・ギブ)
  15. 平和を我等に (プラスチック・オノ・バンド)
  16. バラバジャガ (ドノバンとジェフ・べック・グループ)
  17. あいつ (ハンブル・パイ)
  18. Hare Krishna Mantra (ラダ・クリシュナ・テンプル)
  19. オー・ウェル (フリートウッド・マック)
  20. Space Oddity (デビッド・ボウイ)

001

2018年6月17日 (日)

1969年のCDを作る

1968年の好きな曲を集めたCDを作ったら快聴だったので、1969年に挑戦。ビルボード全米チャートのトップテン入り、一人一曲という条件つき。だから、ビートルズ、CCR、スリー・ドック・ナイトは泣く泣く外す曲あり。

自分の好みだから、ブラッド・スウェット&ティアーズの「スピニング・ホイール」やオリバーの「グッド・モーニング・スターシャイン」も落選。「シュガー・シュガー」は入っているけど、「西暦2525年」は入っていない。

番号は便宜のためで、ほぼ古いものから並べています。

  1. タッチ・ミー (ドアーズ) 2月3位最高
  2. ジョーク (ビージーズ) 2月6位
  3. 二人のシーズン (ゾンビーズ) 3月3位
  4. ガルベストン (グレン・キャンベル) 3月4位
  5. ユーブ・メイド・ミー・ソー・ベリー・ハッピー (ブラッド・スウェット&ティアーズ) 4月2位
  6. 輝く星座 (フィフス・ディメンション) 4月から6月まで6週1位
  7. ヘアー (カウシルズ) 5月2位
  8. ハワイ・ファイブ・オー (ベンチャーズ) 5月4位
  9. ボクサー (サイモンとガーファンクル) 5月7位
  10. ジーズ・アイズ (ゲス・フー) 5月6位
  11. ワン (スリー・ドッグ・ナイト) 7月5位
  12. ジョンとヨーコのバラード (ビートルズ) 7月8位
  13. ホンキー・トンク・ウイメン (ローリング・ストーンズ) 8月-9月4週1位
  14. 恋をあなたに (ジャッキー・デシャノン) 8月4位
  15. グリーン・リバー (CCR) 9月2位
  16. レイ・レディ・レイ (ボブ・ディラン) 9月7位
  17. シュガー・シュガー (アーチーズ) 9月-10月4週1位
  18. ジーン (オリバー) 10月2位
  19. うわさの男 (ニルソン) 10月6位
  20. 悲しみのジェットプレーン (ピーター・ポール&マリー) 12月1位

2018年4月11日 (水)

1968年のCDを作る

なんだかポール・モーリアの「恋はみずいろ」が聴きたくなって、Billboard Top Pop Hits 1968 というCDを購入したんだけど、10曲しか収められていないので寂しい。それで、「自分で作ればいいじゃないか」と思って、考えたのが次のリスト。ラスカルズの「自由への賛歌」だけ手元にないので、物色したら、彼らのオリジナルアルバム5枚組の安いのを見つけ、早速注文。カッコ内はビルボードでの最高順位。

  1. クラシックス・フォー 「スプーキー」 (2月3位)
  2. ポール・モーリア 「恋はみずいろ」 (2-3月5週1位)
  3. モンキーズ 「すてきなバレリ」 (3月3位)
  4. ビートルズ 「レディ・マドンナ」 (4月4位)
  5. マンフレッド・マン 「マイティ・クイン」 (4月10位)
  6. サイモンとガーファンクル 「ミセス・ロビンソン」 (6月3週1位)
  7. ローリングストーンズ 「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」 (7月3位)
  8. ドノバン 「ハーディ・ガーディ・マン」 (7月5位)
  9. ドアーズ 「ハロー・アイ・ラブ・ユー」 (8月2週1位)
  10. ステッペンウルフ 「ワイルドで行こう!」 (8月2位)
  11. ラスカルズ 「自由への賛歌」 (8-9月5週1位)
  12. セルジオ・メンデスとブラジル66 「フール・オン・ザ・ヒル」 (9月6位)
  13. ビージーズ 「獄中の手紙」 (9月8位)
  14. ビートルズ 「ヘイ・ジュード」 (9-11月9週1位)
  15. アーサー・ブラウン 「ファイア」 (10月2位)
  16. アレサ・フランクリン 「小さな願い」 (10月10位)
  17. グラスルーツ 「真夜中の誓い」 (10月6位)
  18. シュープリームス 「ラブ・チャイルド」 (11-12月2週1位)
  19. クリーム 「ホワイトルーム」 (11月6位)
  20. ジュディ・コリンズ 「青春の光と影」 (12月8位)

2018年1月27日 (土)

今月購入したCDプラス

英国フォーク好きのはずだったのに、60年代のビートガールが私を狂わせる。

001

2017年12月31日 (日)

今年も楽しかったハロプロのトップテン

1. 就活センセーション (つばきファクトリー)
2. 地団駄ダンス (ジュース=ジュース)
3. シャララ!やれるはずさ (こぶしファクトリー)
4. マナーモード (アンジュルム)
5. ピーナッツバタージェリーラブ (カントリーガールズ)
6. うるわしのカメリア (つばきファクトリー)
7. 魔女っ子メグちゃん (アンジュルム)
8. アイドル卒業注意事項 (カントリーガールズ)
9. 愛の種 (モーニング娘。20周年版)
10. 弩級のゴーサイン (モーニング娘。'17)

1位と2位は愉快なハロプロ。つばきファクトリー、レコード大賞最優秀新人賞おめでとう!まさか、この二作目で獲得するとは!2位は爽快に飛ばしていたら急にドリフ調になるのがタマラン!

2年前に最優秀新人賞を獲得したこぶしファクトリーは急に8人から5人に。でも、歌声が力強いメンバーばかり残って、これはこれでいいんじゃないか。最初聴いたときは単純だと思ったけど、こういう曲がライブ映えする。それにしても、モー娘、キュート、スマイレージ(アンジュルム)、こぶし、つばきが最優秀新人賞を獲得しているのに、両ファクトリーのお姉さん格のベリーズ工房は獲得していないんだね。

4位は蒼井優のおかげで知名度が上がったアンジュルム。

5位は無垢な表情で真正面から見つめてくるやなみんが可愛い。

9位は相変わらず可愛いなっちにトキメキます。

コンサートDVDのベストは圧倒的に「嗣永桃子ラストライブ/ありがとう おとももち」。

001

2017年7月 1日 (土)

ももちのいない夏

願いが叶って雨が降らなかったどころか、薄日もさして、高層ビルや電車のシルエットがきれい。次第に暗くなっていくのもステキな野外コンサートでした。

いつもハロプロのコンサートは三か月ぐらいしてDVDで見るので、リアルタイムで見ているのが不思議な感覚。これで最後かという気持ちをリアルに感じました。

ZYX、Berryz工房、Buono!、カントリー・ガールズなど、楽曲が豊かだなあ。いつもグループ内で歌っているので、前半一人で歌っているのも不思議な感覚。

本当にありがとうございました!

2017年6月30日 (金)

ありがとう、ももち!

ももち、最後の日だあ~~。

夕方からのコンサートを見るためにニコニコ動画にプレミアム登録。

屋外のコンサートなので、広島から東京の天気を祈る。

001

2017年5月30日 (火)

70年前後のバーズ三昧

001

より以前の記事一覧