« 1985年9月第3週に鑑賞した映画 | トップページ

2018年10月11日 (木)

1985年9月第4週に鑑賞した映画

9月24日(火) 日曜日が待ち遠しい (飯田橋佳作座)
9月24日(火) 気狂いピエロ (飯田橋佳作座) 
9月25日(水) パッション (高田東映パレス)
9月25日(水) カルメンという名の女 (高田東映パレス)
9月25日(水) スカートをはいた中尉さん (テレビ東京)
9月27日(金) サハラ戦車隊 (テレビ朝日)
9月28日(土) 河内山宗俊 (大井武蔵野館)
9月28日(土) 人情紙風船 (大井武蔵野館)
9月28日(土) 丹下左膳余話・百万両の壺 (大井武蔵野館)

トリュフォーの最後の作品とゴダールの旧作の二本立て、ゴダールの新しめの作品の二本立て、さらにゴダールが好きそうなフランク・タシュリンの1956年のコメディ「スカートをはいた中尉さん」。トム・イーウェルとシェリー・ノース主演で、戦争の英雄だった男が再志願したら検査ではねられ、奥さんのほうが合格して入隊したので、彼女にくっついてハワイに行く話。タシュリンは、このあと「女はそれを我慢できない」「成功はロック・ハンターをスポイルするか」「底抜け楽じゃないです」といった快作を飛ばしますが、これは平日の朝にテレビの吹き替えで見たからか、いまいちパッとしませんでした。これを見てからゴダールの二本立てを見に行ったのかな?

「サハラ戦車隊」は、ゾルタン・コルダ監督、ハンフリー・ボガート主演の1943年の白黒戦争映画で、日本で公開されたのは1951年。ボガート隊長の部下に、私の好きなダン・デュリエがいるんだけど、砂嵐でどれがダン・デュリエがよくわからない。戦闘よりも水を探すことのほうが強く印象に残る。ボガート所属のワーナーではなく、コロンビア映画。

あとは山中貞雄の三本立て。この三本ぐらいしか残存していないらしい。「丹下左膳余話・百万両の壺」は傑作コメディ。

Yamanakasadao

« 1985年9月第3週に鑑賞した映画 | トップページ

映画鑑賞記録」カテゴリの記事