« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

今年も楽しかったハロプロのトップテン

1. 就活センセーション (つばきファクトリー)
2. 地団駄ダンス (ジュース=ジュース)
3. シャララ!やれるはずさ (こぶしファクトリー)
4. マナーモード (アンジュルム)
5. ピーナッツバタージェリーラブ (カントリーガールズ)
6. うるわしのカメリア (つばきファクトリー)
7. 魔女っ子メグちゃん (アンジュルム)
8. アイドル卒業注意事項 (カントリーガールズ)
9. 愛の種 (モーニング娘。20周年版)
10. 弩級のゴーサイン (モーニング娘。'17)

1位と2位は愉快なハロプロ。つばきファクトリー、レコード大賞最優秀新人賞おめでとう!まさか、この二作目で獲得するとは!2位は爽快に飛ばしていたら急にドリフ調になるのがタマラン!

2年前に最優秀新人賞を獲得したこぶしファクトリーは急に8人から5人に。でも、歌声が力強いメンバーばかり残って、これはこれでいいんじゃないか。最初聴いたときは単純だと思ったけど、こういう曲がライブ映えする。それにしても、モー娘、キュート、スマイレージ(アンジュルム)、こぶし、つばきが最優秀新人賞を獲得しているのに、両ファクトリーのお姉さん格のベリーズ工房は獲得していないんだね。

4位は蒼井優のおかげで知名度が上がったアンジュルム。

5位は無垢な表情で真正面から見つめてくるやなみんが可愛い。

9位は相変わらず可愛いなっちにトキメキます。

コンサートDVDのベストは圧倒的に「嗣永桃子ラストライブ/ありがとう おとももち」。

001

2017年12月12日 (火)

1984年12月第3週に鑑賞した映画

12月17日(月) 断崖 (NHK教育)
12月17日(月) 哀しみのトリスターナ (有楽シネマ)
12月17日(月) 小間使いの日記 (有楽シネマ)
12月21日(金) 三人の名付け親 (テレビ朝日)
12月21日(金) 昼顔 (ビデオ)
12月22日(土) ベラクルスの男 (?)
12月22日(土) クールキャツ (レンタル)
12月22日(土) バンドワゴン (レンタル)
12月23日(日) ザッツ・エンターテインメント2 (レンタル)
12月23日(日) 青い山脈(レンタル)

いよいよレンタルビデオを利用し始めました。このころ料金が千円ぐらいしてたのかなあ。笹塚の駅前のビル内にあった店だけど、どのビルだっけかなあ。

「クールキャッツ」は Cool Cats: 25 Years of Rock 'n' Roll Style という原題の1983年のビデオ作品らしい。いろんなミュージシャンやバンドの映像を編集したロックンロールの歴史のようだけど、記憶なし。詳しくはIMDbで

ビンセント・ミネリ監督、フレッド・アステア主演の「バンドワゴン」(1953)とか「ザッツ・エンターテインメント2」(1976)とか、そのレンタル店ではMGMミュージカルが充実していました。

「青い山脈」は今井正監督の1949年の東宝映画で、原節子や池部良らが出演しているもの。

有楽シネマではルイス・ブニュエルの二本立て。その勢いで、ビデオ録画した「昼顔」も見ています。このころまでにレーザーディスクを売却していたらしく、レーザーディスクで購入した「昼顔」をビデオにダビングしたものでしょう。

あとはヒッチコック作品とジョン・フォード作品をテレビで。「ベラクルスの男」もテレビでしょう。「生き残った者の掟」に次ぐジョゼ・ジョバンニの監督二作目で、リノ・バンチュラ主演。フランソワ・ド・ルーベ音楽。メキシコの革命派に雇われた一匹狼の殺し屋の話。高校生だった1972年にテレビで見ており、このあと1988年に渋谷のシードホールでフランスのギャング映画特集の一本として鑑賞しています。

2017年12月11日 (月)

1984年12月第2週に鑑賞した映画

12月10日(月) リオ・ブラボー (名画座ミラノ)
12月10日(月) 翼よ!あれがパリの灯だ (名画座ミラノ)
12月11日(火) ノスタルジア (有楽スバル座)
12月12日(水) ゴーストバスターズ (新宿プラザ)
12月12日(水) グレムリン (新宿ミラノ座)

名画座ミラノは、ずっと一本立てだと思っていたけど、このころは二本立てになっていたんだなあ。

「ノスタルジア」は、この年のキネ旬8位。タルコフスキーは苦手。

マシュマロ・マンが最後に登場する「ゴーストバスターズ」のほうが肌に合う。のんきな感じがいい。

正月映画をロードショーでハシゴするなんて贅沢な!1985年度の洋画興行成績の1位と2位。「グレムリン」は「ゴーストバスターズ」ほど印象にない。これもSFコメディだけど、のんきな感じがなくって、せわしなかったのかも。

2017年12月10日 (日)

1984年12月第1週に鑑賞した映画

12月03日(月) 怒りの葡萄 (下高井戸京王)
12月03日(月) 悲愁 (下高井戸京王)
12月09日(日) パルムの僧院 (NHK教育)
12月09日(日) キーラーゴ (日本テレビ)

このころ「怒りの葡萄」がリバイバルされたのか?スタインベックの原作をジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演で映画化した1940年の白黒20世紀フォックス作品。日本では1962年のキネ旬3位だけど、公開されたのは翌年正月らしい。

「悲愁」はビリー・ワイルダーの1978年の作品で、伝説の女優フェドーラ(マルト・ケラー)をカムバックさせようとするプロデューサー(ウィリアム・ホールデン)らの人間模様。なんか「サンセット大通り」を彷彿とさせる。キネ旬の1980年11位。

まだ、NHKが地上波で名作を放映していたころ。そもそも衛星放送なんてあったのか?「パルムの僧院」は1948年の白黒フランス映画で、スタンダール原作、クリスチャン・ジャック監督、ルネ・フォール、ジェラール・フィリップ主演。ルネ・フォールはブレッソンの「罪の天使たち」に主演してた美人じゃね。

「キー・ラーゴ」は1948年のワーナー映画で、フロリダのキー・ラーゴ島のホテルを訪れたハンフリー・ボガートが、ホテル経営者の娘ローレン・バコールらとともに、エドワード・G・ロビンソンをリーダーとする一味に監禁される話。ロビンソンの情婦がクレア・トレバーで、アカデミー助演女優賞を獲得。ジョン・ヒューストン監督。

2017年12月 2日 (土)

1984年12月に鑑賞した映画 (概観)

この月からレンタルビデオを利用し始めたようです。

第1週

12月03日(月) 怒りの葡萄 (下高井戸京王)
12月03日(月) 悲愁 (下高井戸京王)
12月09日(日) パルムの僧院 (NHK教育)
12月09日(日) キーラーゴ (日本テレビ)

第2週

12月10日(月) リオ・ブラボー (名画座ミラノ)
12月10日(月) 翼よ!あれがパリの灯だ (名画座ミラノ)
12月11日(火) ノスタルジア (有楽スバル座)
12月12日(水) ゴーストバスターズ (新宿プラザ)
12月12日(水) グレムリン (新宿プラザ)

第3週

12月17日(月) 断崖 (NHK教育)
12月17日(月) 哀しみのトリスターナ (有楽シネマ)
12月17日(月) 小間使いの日記 (有楽シネマ)
12月21日(金) 三人の名付け親 (テレビ朝日)
12月21日(金) 昼顔 (ビデオ)
12月22日(土) ベラクルスの男 (?)
12月22日(土) クールキャツ (レンタル)
12月22日(土) バンドワゴン (レンタル)
12月23日(日) ザッツ・エンターテイメント2 (レンタル)
12月23日(日) 青い山脈(レンタル)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »