« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月21日 (土)

1984年10月第3週に鑑賞した映画

10月15日(月) ライトスタッフ (新宿グランドオデオン)
10月16日(火) パリところどころ (渋谷パルコ3)

フィリップ・カウフマン監督の「ライトスタッフ」は、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」に次いで、この年のキネ旬2位。初期の宇宙飛行士たちが英雄となるのを皮肉っぽく描いた作品。学歴がないために宇宙飛行士になれなかったが、音速の壁は破ったチャック・イェーガーを演じるサム・シェパードがカッコよかったです。

「パリところどころ」は1965年のフランス映画で、6名の監督によるオムニバス。ジャン・ダニエル・ポレ、ジャン・ルーシュ、ジャン・ドゥーシュ、エリック・ロメール、ジャン=リュック・ゴダール、クロード・シャブロルの6名。出色だったのはジャン・ルーシュ監督がワンショットで描いたドラマ「北駅」で、この年のカイエ・デュ・シネマ誌では、このエピソードが単独で4位に。次いで、ロメールの「エトワール広場」が16位、シャブロルの「ラ・ミュエット」が21位、ゴダールの「モンパルナスとルヴァロア」が28位。

2017年10月12日 (木)

1984年10月第1週に鑑賞した映画

10月03日(水) 侍 (池袋文芸地下)
10月03日(水) 赤毛 (池袋文芸地下)
10月06日(土) 日本侠客伝・花と竜 (新宿昭和館)
10月06日(土) 遊侠列伝 (新宿昭和館)
10月07日(日) 実験生活720時間 (四谷三丁目イメージフォーラム)

このころビクターのビデオカメラを購入したのでイメージフォーラムにビデオ日記のようなものを見に行ったのでしょう。720時間は上映時間じゃなくって、一か月の時間だから、ひと月の出来事を適度な長さに編集したものでしょう。作者の名前は忘れました。

「侍」と「赤毛」は岡本喜八監督の1965年と1969年の東宝映画。60年代初期の作品ほど面白かった記憶がないのは、三船プロ制作で、三船敏郎主演だから、自由に作れなかったからかも。「侍」は岡本監督初の時代劇らしい。水戸浪士による桜田門外の井伊大老暗殺を扱った作品。「赤毛」は江戸から明治に変わった時代に活躍した赤報隊のメンバーを描いた作品。赤毛や白毛のかつらをかぶった部隊がいたらしい。

「日本侠客伝・花と竜」は、シリーズ11作のうち1969年の9作目。この作品まですべてマキノ雅弘監督。星由里子、藤純子、天津敏、上田吉二郎、水島道太郎ら出演。

東映のオールスターキャストの「列伝」ものは1968年から1971年まで5作あります。小沢茂弘監督の「遊侠列伝」は1970年の4作目。健さん、浜木綿子、天津敏、遠藤辰雄、玉川良一、鳳啓助、京唄子、由利徹、嵐寛寿郎、藤山寛美、藤純子ら出演。オールスター感はさほどしない。

2017年10月 7日 (土)

1984年10月に鑑賞した映画 (概観)

10月03日(水) 侍 (池袋文芸地下)
10月03日(水) 赤毛 (池袋文芸地下)
10月06日(土) 日本侠客伝・花と竜 (新宿昭和館)
10月06日(土) 遊侠列伝 (新宿昭和館)
10月07日(日) 実験生活720時間 (四谷三丁目イメージフォーラム)

10月15日(月) ライトスタッフ (新宿グランドオデオン)
10月16日(火) パリところどころ (渋谷パルコ3)

10月25日(木) 赤い影 (飯田橋佳作座)
10月25日(木) サイコ2 (飯田橋佳作座)
10月26日(金) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (新宿プラザ)
10月27日(土) 国際ビデオ作品展 (原美術館)
10月??    ロベレ将軍 (テレビ東京)
10月28日(日) 国際ビデオ作品展 (原美術館)
10月28日(日) 必死の逃亡者 (NHK教育)
10月28日(日) 刑事キャレラ・10+1の追撃 (テレビ東京)

10月29日(月) 都会の夏 (ドイツ文化センター)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »