2018年2月18日 (日)

カーリング女子が面白い

カーリングなんてスポーツらしくないので、なんでオリンピックでやってるの?って思っていましたが、じっと見ているとけっこう面白い。自分のチームの石を置く位置とか、相手チームの石に当てる角度とか、それを正確に行うことができるかどうかとか、見れば見るほど興味がわく。

試合全体のペースがゆっくりしていて、コーヒーやビールを飲みながら、のんびり観戦するのに最適。

韓国やロシアのスキップ(主将)は厳しそうな顔をしているのに、日本のスキップはホンワカしてていい。チーム全体も普通の女の子たちが楽しんでいる感じなのもいい。

とはいえ、けっこう強くて、現在4勝1敗。予選は10チームによる総当たり制で、上位4チームが準決勝に進む。

2018年2月 8日 (木)

ゆっくり休んでね

180207_1

2018年2月 5日 (月)

1985年2月に鑑賞した映画 (その3)

2月27日(水) 警察日記 (下高井戸京王)
2月27日(水) 神阪四郎の犯罪 (下高井戸京王)

ほとんどの名画座は毎週火曜か土曜にプログラムを変えると記憶しています。下高井戸京王は、この週の月曜に「バリー・リンドン」と「恋」の二本立てを見に行っているので、きっと火曜に変更するのでしょう。

ジョセフ・ロージーの「恋」も珍しかったけど、この久松静児監督、森繁久彌主演の二本立ても珍しい。いったい、どこにフィルムが眠っていたのでしょう?

「警察日記」は1955年の白黒の日活映画。田舎の警察署に舞い込んでくるさまざまな小事件。署長が三島雅夫で、巡査は森繁のほかに、まだ素朴な三国連太郎や、まだ頬がふくらんでいない宍戸錠ら。ほかに伊藤雄之助、東野英治郎、多々良純、殿山泰司、杉村春子、沢村貞子、岩崎加根子、小田切みき、千石規子、坪内美子、飯田蝶子、十朱久雄、左卜全、高品格、二木てるみ等。おいおい、出てくる人みんな有名人じゃないか!キネ旬6位。

「神阪四郎の犯罪」は1956年の白黒の日活映画。出版社の編集長に偽装心中の疑いがかけられ、四人の証人が法廷に呼ばれるが、結局真相はわからずじまいという石川達三原作の推理ドラマ。森繁のほかに、新珠三千代、左幸子、金子信雄、滝沢修、轟夕起子、高田敏江、清水将夫、宍戸錠、下絛正巳ら。

2018年2月 4日 (日)

1985年2月に鑑賞した映画 (その2)

2月25日(月) バリーリンドン (下高井戸京王)
2月25日(月) 恋 (下高井戸京王)

イギリスが舞台の映画二本立てを下高井戸の古い映画館で見る。キューブリックの「バリー・リンドン」はともかく、なぜ、このころジョセフ・ロージー監督の「恋」を名画座で見ることができたのか。日本で公開されたのは1972年で、キネ旬では「さすらいのカウボーイ」と「フレンジー」にはさまれた14位。The Go-Between という原題の1971年の英国映画で、LPハートリーの原作をハロルド・ピンターが脚色し、ジュリー・クリスティとアラン・ベイツが主演。上流社会の令嬢と小作人の恋の手紙を取りつぐ少年の話。1900年ごろのイングランド東部の広大な田園が舞台。

2018年2月 3日 (土)

1985年2月に鑑賞した映画 (その1)

2月02日(土) どん底 (NHK教育)
2月03日(日) ゲームの規則 (下高井戸京王)
2月03日(日) 24時間の情事 (下高井戸京王)
2月??    女と男のいる舗道 (レーザーディスク)
2月08日(金) お葬式 (新宿グランドオデオン)
2月08日(金) 天使 (四谷イメージフォーラム)
2月09日(土) 1900年 (下高井戸京王)
2月17日(日) アメリカの夜 (レンタルビデオ)
2月22日(金) 光年のかなた (渋谷ユーロスペース)
2月25日(月) バリーリンドン (下高井戸京王)
2月25日(月) 恋 (下高井戸京王)
2月27日(水) 警察日記 (下高井戸京王)
2月27日(水) 神阪四郎の犯罪 (下高井戸京王)

ルノワールの「どん底」は1月27日の日曜に放映されたものをビデオ録画して、土曜に見たらしい。そんなルノワール作品やヌーベルバーグ作品や伊丹十三作品は有名だから、今回はなにも書かないことにして、今月振り返ってみたいのは「天使」「光年のかなた」「恋」「警察日記」「神阪四郎の犯罪」。今日は「天使」と「光年のかなた」。

「天使」は、ルビッチ監督、デートリッヒ主演の1937年の作品ではなく、パトリック・ボカノウスキーという人の1984年のフランス映画で、異様なイメージの短編集。動画サイトで「天使」「ボカノウスキー」で検索したら、いくつか再見することができました。

「光年のかなた」はスイスのアラン・タネール監督の1981年の作品。少し前に同じユーロスペースで公開された「ジョナスは2000年に25才になる」の次の次の作品。トレバー・ハワード主演。若者が奇妙な老人から人工の翼で空を飛ぶよう訓練されるというお話のようですが、ほとんど記憶なし。この翌月にアテネフランセでタネール特集が行われ、そこで見た初期の「どうなってもシャルル」や「サラマンドル」のほうが面白かった。

2018年1月30日 (火)

1985年2月に鑑賞した映画 (概観)

2月02日(土) どん底 (NHK教育)
2月03日(日) ゲームの規則 (下高井戸京王)
2月03日(日) 24時間の情事 (下高井戸京王)
2月??    女と男のいる舗道 (レーザーディスク)
2月08日(金) お葬式 (新宿グランドオデオン)
2月08日(金) 天使 (四谷イメージフォーラム)
2月09日(土) 1900年 (下高井戸京王)
2月17日(日) アメリカの夜 (レンタルビデオ)
2月22日(金) 光年のかなた (渋谷ユーロスペース)
2月25日(月) バリーリンドン (下高井戸京王)
2月25日(月) 恋 (下高井戸京王)
2月27日(水) 警察日記 (下高井戸京王)
2月27日(水) 神阪四郎の犯罪 (下高井戸京王)

2018年1月27日 (土)

今月購入したCDプラス

英国フォーク好きのはずだったのに、60年代のビートガールが私を狂わせる。

001

2018年1月22日 (月)

買い物途中の風景

昨日、いくらか寒さが和らいだので、海に近いスーパーまで電動自転車でおでかけ。往路で撮影した材木船と復路で撮影したカモ。

180121_1

180121_7

2018年1月20日 (土)

1985年1月に鑑賞した映画 (その7)

1月20日(日) ニューヨーク25時・少女誘拐 (テレビ朝日)
1月??    シャロン砦 (テレビ東京)
1月27日(日) 暗殺者を撃て! (テレビ朝日)

「ニューヨーク25時・少女誘拐」は、私の記録では、ショーン・S・カニンガムという監督の1982年の作品で、ケイト・マルグルー、リップ・トーン出演。原作は「誰かが見ている」。淀川さんがリップ・トーンについて説明した記憶があるので、夜9時からの日曜洋画劇場で放映されたのでしょう。そのリップ・トーンを頼りにIMDbを調べてみると、A Stranger Is Watching という1982年の作品に出演しています。原作者はメアリー・ヒギンズ・クラーク。「恐怖の地下密室!レイプ殺人が招く二重犯罪」という副題もあるらしい。

「シャロン砦」は、アンソニー・マン監督、ビクター・マチュア主演の1955年の西部劇。原題は The Last Frontier。何年か前にアンソニー・マンの西部劇を集中的に見たことがあって、たしかここにもなにか書いているはず。2012年11月17日です。「シャロンの屠殺者」というのが劇場公開時の邦題のようです。

1月2日の概観には書き忘れていましたが、「暗殺者を撃て!」という1976年のピーター・コリンソン監督、オリバー・リード、リチャード・ウィドマーク主演の映画を27日にテレビで見ています。これも淀川さんの日曜洋画劇場なんだろうか。原題は The Sell Out。エルサレムで静かな生活を送っている元情報部員のウィドマークが元相棒で二重スパイのリードと再会し、暗殺者に狙われるというような話らしい。

2018年1月19日 (金)

1985年1月に鑑賞した映画 (その6)

1月16日(水) レイダース・失われたアーク (新宿京王)
1月16日(水) インディ・ジョーンズ魔宮の伝説 (新宿京王)
1月17/18日(木/金) 征服への道 (テレビ東京)

「インディ・ジョーンズ魔宮の伝説」は前年夏に日本で公開され大ヒット。開巻のミュージカルナンバー「エニシング・ゴーズ」からゴキゲンで、コメディ風味もあって、あれよあれよの展開。1984年の私のベストワンとなったのでした。で、久しぶりの一作目とのゴキゲンな二本立て。

二日かけて放映された「征服への道」って、どんな映画?ヘンリー・キング監督の1947年の作品で、原題は Captain from Castile とだけ記録しています。IMDBによると、タイロン・パワー主演、ジーン・ピーターズ共演の20世紀フォックス作品。Castile カスティーリャというのは、のちにスペインとなった王国だそうで、いつの話なんだ?スペイン人がメキシコを征服したのは16世紀初頭だそうだから、そのころの話なんでしょう。

«1985年1月に鑑賞した映画 (その5)